ITスペシャリスト科(コンピュータ・ IT 専門学校)

ITで世界を結ぶ。



蒲田 八王子 4年制 コンピュータ・IT業界での活躍をめざす ITスペシャリスト科ブログ

オープンキャンパス・体験入学 ITスペシャルスト科、情報処理科、パソコン・ネットワーク科、情報ビジネス科 IT・コンピュータの世界を体験しよう!

ファイルやディレクトリを削除する

2009年01月16日 ファイルやディレクトリを削除する

今回はファイルやディレクトリを削除する方法を紹介します。

Linuxではファイルやディレクトリをコピーするときはrmコマンドを使います。

rmコマンド

ファイルやディレクトリの削除に使います。

mv ファイル1 ファイル2 ...
rm -rf ディレクトリ

例えば、ファイルsample.txtを削除したいときは次のようにコマンドを入力します。

rm sample.txt

また、複数のファイルtest1.txt、test2.doc、test3.texを削除したいときは次のようにコマンドを入力します。

rm test1.txt test2.doc test3.tex

また、ファイルの名前や拡張子などが共通しているときはワイルドカードを使って削除できます。 例えば、ファイルの拡張子がbakのファイルを全て削除したいときは次のようにコマンドを入力します。

rm *.bak

上記のコマンドを順に実行した結果を示します。

[sakabe@beta 0116]$ ls
sample.txt  test1.txt  test2.doc  test3.tex  test4.c
test1.bak   test2.bak  test3.bak  test4.bak
[sakabe@beta 0116]$ rm sample.txt
[sakabe@beta 0116]$ ls
test1.bak  test2.bak  test3.bak  test4.bak
test1.txt  test2.doc  test3.tex  test4.c
[sakabe@beta 0116]$ rm test1.txt test2.doc test3.tex
[sakabe@beta 0116]$ ls
test1.bak  test2.bak  test3.bak  test4.bak  test4.c
[sakabe@beta 0116]$ rm *.bak
[sakabe@beta 0116]$ ls
test4.c

rmコマンドで削除したファイルはWindowsのようにゴミ箱には入らず、すぐに消えてしまうので元に戻すことはできません。十分気をつけて操作しましょう。iオプションを指定すると削除していいかの確認が表示されます。

[sakabe@beta 0116]$ rm -i test4.c
rm: remove 通常の空ファイル `test4.c'? no
[sakabe@beta 0116]$ ls
test4.c

k_sakabe at 19:27 | この記事のURL | |