ITスペシャリスト科(コンピュータ・ IT 専門学校)

ITで世界を結ぶ。



蒲田 八王子 4年制 コンピュータ・IT業界での活躍をめざす ITスペシャリスト科ブログ

オープンキャンパス・体験入学 ITスペシャルスト科、情報処理科、パソコン・ネットワーク科、情報ビジネス科 IT・コンピュータの世界を体験しよう!

エディタを使わずにファイルを作る

2010年11月04日 エディタを使わずにファイルを作る

今週のネットワーク専攻とセキュリティ専攻のLinux実習ではエディタを使わずにファイルを作る方法や正規表現などを学習しました。

LinuxのようなUNIX系のOSではテキストデータを処理する目的のたくさんのコマンドがありますが、 それらをつなぎ合わせたい時にはパイプ、コマンドの出力をファイル化したい時にはリダイレクトを使います。

リダイレクトを使うとキーボードから入力した文字列をファイルに直接書き込めます。エディタを開かずに素早くファイルを作れる便利な機能です。ただし、入力している行伊賀は編集が出来ないので誤らないように入力する必要があります。

コマンドはcatを使い、入力した内容を保存したいファイルを>に続けて入力し、ファイル化したい内容をキー入力します。最後にコントロールキーを押したままDキーを押せば保存されます。

$ cat > test.txt 
入力
Ctrl+D

パイプやリダイレクト、正規表現はUNIXの世界の奥深さの一端を感じる内容です。これを使いこなせるようになれといろいろなデータ処理が出来るようになります。

k_sakabe at 15:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL | |

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。